専門業者にバッグ修理を依頼する

お気に入りのバッグが壊れてしまった場合は、バッグ修理を依頼してみてはどうでしょう。バッグの修理は主に、持ち手の交換、内袋の交換、ファスナー交換、根革修理、パイピングの修理、金具交換などがあります。

まずは持ち手の交換ですが、切れたショルダー紐や、汚れたハンドルなど交換します。平手タイプ・丸手タイプ・ハンドルタイプ・ショルダータイプ等がありますが、いずれも交換可能です。根皮修理も同様です。切れた革を取り除き、類似の革を使って新たに作成します。持ち手はカバンの重要なパーツなので、修理することで使えなくなってしまったバッグも、再び長く使うことができるようになります

次は内装の修理です。内側がベタベタになっていたり、白い粉が出ていたりする場合は内側の合皮素材や接着剤が経年劣化している場合に発生します。一度劣化してしまうと、クリーニングだけではキレイに取り除くことは難しいですが、内張りを張り替えることでまた使えるように修理できます。

次はパイピングの修理です。擦り切れて破れた角の修理やすべてのパイピングを修復します。バッグの部位で最も早く壊れやすい箇所は、角のパイピングです。そのまま使い続けると他の箇所まで壊れる場合があります。

次はファスナー交換です。ファスナーが損傷すると閉まらなくなってしまうため、中身が飛び出して紛失してしまうかもしれません。新しいファスナーに交換することで再び使えるようにします。金具の損傷についても、近い形の物を用いて修復することが可能です。