バッグ修理の内容

持ち手交換は、切れてしまったバッグの持ち手を、サンプルの中希望の持ち手を選んで交換してもらいます。修理なので、同じ部品を取り寄せて持参するなどしなければ、全く同じものと言うわけにはいきませんが、持ち手を交換することで再び利用することができます。また、バッグ本体は壊れていないのに、持ち手をつなぐ革が切れると、バッグを使用できなくなってしまいます。壊れている部分を交換して再びバッグを使えるように修理します。

次に内側がベタベタになっていて、白粉が出たりする場合があります。バッグの内側がボロボロになってしまうといよいよ買い換えなければならない時期が来たと考えてしまいます。これは内側の合皮材や接着剤が経年劣化することで発生したものであるため、クリーニングでは除去できませんが、内張を張り替えることで修復することができます。

クローゼットや押し入れに長期間保管していたバッグを再度使用する場合に、内装がベトベトでボロボロになって剥がれ落ちる場合があります。バッグの内袋の多くは、合皮で作られており、長期保管によって経年劣化が発生してしまいます。元の素材を使用して修理することは難しいかもしれませんが、同系色の布等を使用してきれいに修復することは可能です。

バッグ修理の質問

バッグの内装がボロボロになってしまってとてもじゃないが修理できないのではないかと考える人が多いようです。しかし、まったく同じ状態に修復することは難しいですが、布等の別の素材を使ってきれいに修復することができます。バッグの内袋が経年劣化でボロボロになったとしても布や合皮で新しいものと交換することができます。

次はショルダーバッグのショルダーベルトの長さ調節ですが、基本的には可能ですが、カットした箇所のデザインが変わってしまう場合があります。もし長さ調節でベルトをカットする場合は、変更後のデザイン等を事前に確認して、後でトラブルにならないように注意が必要です。

次はバッグのファスナー交換です。基本的に修理可能な部位です。ただし、ファスナーに特別なデザインが施されていたり特殊な形状であったりする場合は、同じものを使用することができないため、仕上がり状態について修理前に事前に確認する必要があります。

最後は、財布や定期入れ等の小物の修理についてです。これらについても基本的に修理可能です。ただしバッグと比べると、財布や小物は特殊なデザインのものや、特殊な材料で作られているものもあり、修理ができない場合もあるため、事前に業者に修理後の仕上がりイメージについて確認することをお勧めします。

専門業者にバッグ修理を依頼する

お気に入りのバッグが壊れてしまった場合は、バッグ修理を依頼してみてはどうでしょう。バッグの修理は主に、持ち手の交換、内袋の交換、ファスナー交換、根革修理、パイピングの修理、金具交換などがあります。

まずは持ち手の交換ですが、切れたショルダー紐や、汚れたハンドルなど交換します。平手タイプ・丸手タイプ・ハンドルタイプ・ショルダータイプ等がありますが、いずれも交換可能です。根皮修理も同様です。切れた革を取り除き、類似の革を使って新たに作成します。持ち手はカバンの重要なパーツなので、修理することで使えなくなってしまったバッグも、再び長く使うことができるようになります

次は内装の修理です。内側がベタベタになっていたり、白い粉が出ていたりする場合は内側の合皮素材や接着剤が経年劣化している場合に発生します。一度劣化してしまうと、クリーニングだけではキレイに取り除くことは難しいですが、内張りを張り替えることでまた使えるように修理できます。

次はパイピングの修理です。擦り切れて破れた角の修理やすべてのパイピングを修復します。バッグの部位で最も早く壊れやすい箇所は、角のパイピングです。そのまま使い続けると他の箇所まで壊れる場合があります。

次はファスナー交換です。ファスナーが損傷すると閉まらなくなってしまうため、中身が飛び出して紛失してしまうかもしれません。新しいファスナーに交換することで再び使えるようにします。金具の損傷についても、近い形の物を用いて修復することが可能です。